池田さんの新潟レポート

初秋のブログのあとになって申し訳ありません。ぜひご紹介したいことが。

日立市に30年も続いているタウン誌「スペースマガジン」。ここに新潟市在住の池田友好さんが、毎月、新潟のニュースを送られています。このブログでも何度かご紹介しました。
7月号では、水と土の芸術祭の紹介と「泥花」の取材記事を寄せてくださっています。スペースマガジンの編集長さんはじめ、菊池さん、スタッフの皆様にも御礼申し上げます。
スペースマガジン,通称スペマガ。茨城県でも文化の歴史が長い(文化意識、レベルは高い)日立市、そこに息づく情報誌。地味ながらも辛口?タウン誌、志知もん編集長はじめ、編集方針は筋金入り!でがんばっています。情報も、日立市内ばかりでなく、県内全域、ニューヨーク便りもあります。
ぜひ、ご購読ください。 年間購読料3200円。 
    日立市鹿島町2-8-10 エッジ・カンパニー  スペース・マガジン編集部 
    電話 0294-22-6282
    Eメール  edz-dai@net 1.jway.ne.jp
 
菊池さんは戦争中、新潟での淡い思い出もあり、今回のプロジェクトは菊池さんを通して、新潟が身近に感じられました。


b0179047_973193.jpgb0179047_974876.jpg 
[PR]
by carat-dorohana | 2009-08-24 09:12 | 泥花通信