泥花小正月 オブジェ

 あらたまの年を迎えた泥花作品。芸術祭が終わっても、空土作品は最後のプログラム。
本日は、小正月まつりの準備です。南区アグリパークの会場に到着すると、すでにダダンさんの作品の撤収作業が終了していました。
先に到着していたMさんとYさんは、サポーターの田中さんが参加している天地人さんたちと下塩俵地区のサイノカミを視察。こちらは11時に点火したとのこと。 

天地人のみなさんはこのまつりのために、2、3日前から準備に取りかかってくれていました。
依代の竹を切ったり、土台の材木、稲わら、縄、スルメ買出しなど。すでに昨暮あたりから天地人さんたちは小正月の設計図を作ってくださっていたそうで、よく燃える小正月まつりのオブジェを考えてくださった。
オブジェは、天に届くほどの高い依代(よりしろ)をつくり、円錐形に泥花の稲わらを積み上げていきます。アーティスト天地人さん!。オブジェつくりは設計図通り、昼過ぎに終了しました。
 泥花田んぼの花芯にあらわれた小正月まつりのオブジェ。形も、大きさもぴったり。Oさんの自信作です。かっこよく、懐かしい小正月の原風景を感じさせます。わらを積み上げる、竹と藁を縄でつなぐ、結ぶ。縄を手で切る裏ワザ!竹の運び方、などなど、みなさんのタカラも拝見させていただきました。

 明日はお天気も大丈夫のようです。天空に新潟市の五穀豊穣と水と土の芸術祭への感謝の意をこめて、、。点火は10時15分ころです。

 追記 作業の休み時間に召し上がっていただいた甘酒(麹でつくったあま~い甘酒)は大好評でした。
     準備終了後、参加されたみなさんに泥花のポストカードを配りました。
b0179047_22264253.jpg
b0179047_22271545.jpg
b0179047_2227411.jpg
b0179047_2228958.jpg
b0179047_22284245.jpg
b0179047_2229793.jpg



空土 事務局

 
[PR]
by carat-dorohana | 2010-01-10 22:42 | 泥花通信